オシャレな上司なんですけど | 国際イメージコンサルタント|経営者向け・世界TOP10%認定の株式会社BEST GRADE

column
イメージコンサルタントコラム

オシャレな上司なんですけど

オシャレな上司なんですけど

こだわりのあるオシャレな代表

経営者と企業のブランディングに印象管理の重要性を伝える国際イメージコンサルタント・リーダー服飾研究家の吉村ひかるです。

 

先日、クライアント企業の広報担当者とお話をしていた際、こんなご相談がありました。

「今度の代表は前任と打って変わってオシャレなので安心していたのも束の間、

こだわりがあるようで、こちらの提案をあまり聞いてくれないのです。オシャレなのも善し悪しですね。」というもの。

 

この手のお悩みは結構多いのではないでしょうか。

オシャレに自信のない人は周囲の意見を素直に聞き、オシャレを自負する人は、周囲の意見を聞かない傾向にあるということでしょう。

良かれと思ってアドバイスをしても、否定こそされないが気づけばスルーされているという。

そのために我々のような仕事の者がいるのですが、常に呼んでもいられない企業も多いはず。

 

そこで、アドバイスする際の何らかの参考になればと2点ほど挙げてみます。

パーパス、バリューを体現しているか

ひとつは、その企業のパーパスやバリュー(ミッション、ヴィジョンでも)を体現する外見であるかどうか。

少なくとも、外れていないかどうか、という点。

 

例えば、「世界を牽引する~~」というエネルギッシュなスローガンを全社で掲げておきながら、代表が一昔前を感じさせるようなヨレっとした外見では、

遅かれ早かれ、業績に反映してくることは間違いないでしょう。

 

オシャレの度合いが、企業の目指す方向性に外れていなければ、つまり誤解を生まない状態であれば取り敢えず良しとしてよいのではないでしょうか。

 

うちの代表にはこうあって欲しい!という理想像が周囲の人にはあるかもしれませんが、最初は大きく捉えて様子を見るのもありです。

良いブレーンを持つ

もう一つは、良いブレーンを持つことだと感じています。

 

お話ししていた企業では、秘書の方々が担当の役員に、大事な場面の前には「何をお召しになりますか?」と声掛けされているそうです。

ただ、一言声をかけるだけですが、ご本人たちは大事な場面に出向くことを再認識されるきっかけになっているようです。

 

そして、何かの際にはすぐに対応できるように、広報では万全な体制を取り、替えのネクタイやポケットチーフを数本用意しておくなど余念がありません。

 

全体でサポート体制を取る良いブレーンを整えることもポイントだと感じます。

 

                                                                                            

セミナー、講演のお問い合わせはこちらから:info@imageup.jp

エグゼクティブに向けたイメージコンサルティングオフィスBEST GRADEBEST GRADEはこちら

エグゼクティブに向けたイメージコンサルティングオフィスBEST GRADE

Written by 吉村ひかる

グローバルでトップ10%の国際イメージコンサルタントと認定される
イメージブランディングのプロフェッショナル

  • 株式会社BEST GRADE 代表取締役 リーダー服飾研究家
  • BEST GRADE アカデミー主宰
  • AICI国際イメージコンサルタント協会認定 国際イメージコンサルタントCertified Image Professional
  • 一般社団法人パフォーマンス教育協会公認 エグゼクティブ・パフォーマンス・インストラクター

おすすめ記事のご紹介

衣替えはブランディング
2024.04.15

衣替えはブランディング

ファッション雑誌『BAILA』に掲載されました
2024.04.08

ファッション雑誌『BAILA』に掲載されました

ファッション雑誌『25ans』に掲載されました
2024.04.01

ファッション雑誌『25ans』に掲載されました

ビジネス・カジュアルをワンランク上にしたい
2024.03.25

ビジネス・カジュアルをワンランク上にしたい

できるように見せる印象管理
2024.03.18

できるように見せる印象管理

Contactご予約&お問い合わせ

あなたも一流の国際コンサルティングを体感してみませんか?

電話でのご予約・お問い合わせ

TEL:045-342-5621

WEBでのご予約・お問い合わせ