季節変わり目の印象管理 | 国際イメージコンサルタント|経営者向け・世界TOP10%認定の株式会社BEST GRADE

column
イメージコンサルタントコラム

季節変わり目の印象管理

季節変わり目の印象管理

季節の変わり目の装いは

経営者と企業のブランディングに印象管理の重要性を伝える国際イメージコンサルタントの吉村ひかるです。

 

9月に入ったとはいえ、厳しい残暑は続きそうです。

 

そのような中で、先日いただいたご質問です。

「このような季節の変わり目に、気を付ける留意点があれば教えてください」というもの。

暦上は秋に入りますが、気温は下がりません。

まだ暑いから今までと変わらぬ装いで良いでしょう、と考える方も多いですが、印象管理上どうでしょうか。

周囲が変化しているのに、乗り遅れている人…と思われても困ります。

 

涼しく装うことを継続しながらも、季節の変化に対応している印象を伝えられたらよいですね。

周囲の変化を上手く取り入れられる人と思われたいものです。

 

一事が万事で、仕事への向き合い方もこんなところで透けて見えてしまいます。

ポイントは2つ

ポイントは2つあります。

 

「色」と「小物」を秋使用に変えるだけ。

 

まず、「色」です。

 

秋色と感じられるカラー(ブラウン、ボルドー、パープル、オレンジ、カーキ、モスグリーン、グレーあたりでしょうか)を取り入れてみてください。

たとえノースリーブであっても、半袖シャツでも、素材はそのままに秋色に変えるだけで、涼しさは変わらずに季節感を十分に出せます。

 

もう一つは、「小物」です。

 

装いは今までと同様でも、小物が秋使用に変わるだけで、一気に秋モードになります。

例えば、サンダルやミュールだったのをパンプスやショートブーツに変えてみる。

メッシュ地やキャンバス地のバックや帽子をレザーやスエードのバックや帽子に変えてみる。

 

小物は、「色」と同時に「素材」を変えても涼しさに影響は出ないので、お勧めです。

インナーに注意

企業のドレスコードによっては、年中ほぼ変わらぬ装いで、このような変化を取り入れづらい組織もたくさんあるはずです。

 

そのような時は、インナー(シャツ等)を新品またはパリッとしたものに意識して変えると良いでしょう。

どうしたって夏の疲れが出やすい時期です。

襟元、首回りがヨレっとしていると、本人の気持ちとは裏腹にお疲れモードに見えてしまいます。

「〇〇さん、疲れてませんか?」と言われたら要注意です。

 

季節の変わり目のコツをつかんでしまうと、季節の変わり目が楽しくなりますよ。

 

エグゼクティブに向けたイメージコンサルティングオフィスBEST GRADEBEST GRADEはこちら

エグゼクティブに向けたイメージコンサルティングオフィスBEST GRADE

Written by 吉村ひかる

グローバルでトップ10%の国際イメージコンサルタントと認定される
イメージブランディングのプロフェッショナル

  • 株式会社BEST GRADE 代表取締役 リーダー服飾研究家
  • BEST GRADE アカデミー主宰
  • AICI国際イメージコンサルタント協会認定 国際イメージコンサルタントCertified Image Professional
  • 一般社団法人パフォーマンス教育協会公認 エグゼクティブ・パフォーマンス・インストラクター

おすすめ記事のご紹介

ひとつ上のステージに行きたい
2024.07.15

ひとつ上のステージに行きたい

選挙戦、装いにテーマカラーの是非
2024.07.08

選挙戦、装いにテーマカラーの是非

訪問国へ敬意の白
2024.07.01

訪問国へ敬意の白

だからビジネスファッションは難しい・・・
2024.06.24

だからビジネスファッションは難しい・・・

G7プーリア・サミットのファッション
2024.06.17

G7プーリア・サミットのファッション

Contactご予約&お問い合わせ

あなたも一流の国際コンサルティングを体感してみませんか?

電話でのご予約・お問い合わせ

TEL:045-342-5621

WEBでのご予約・お問い合わせ