コラム|ビジネスイメージアップセミナーは株式会社BEST GRADEへ!

コラム

アメリカ副大統領候補討論会のファッション

経営者の印象管理

2020.10.08

アメリカ副大統領候補討論会のファッション

日本テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」様より取材を受けました

 経営者と企業のブランディングに印象管理の重要性を伝える国際イメージコンサルタントの吉村ひかるです。

 本日、日本時間では10月8日の10時から、共和党候補のペンス副大統領と民主党候補ハリス上院議員の副大統領候補討論会がユタ州でスタートしました。始終、落ち着いたやり取りの中でも時々火花が散り、一視聴者として討論会の面白さを感じながら拝見しました。
 今回は、読売テレビ報道局が運営する日本テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」様からお二人の装いから見て取れる「意志」や「狙い」を分析して欲しいとの依頼を受け、解説したものをベースに書かせていただきます。番組では、概要をまとめたものを報道して下さいました。

共和党候補ペンス副大統領から読み取れること

 濃紺のダークスーツに赤のソリッドタイ、白のドレスシャツ。赤は、情熱、やる気、パワーを表わす色です。トランプ大統領もよく赤を好まれ、トランプレッドとまで言われています。コントラストの強い組み合わせは、あいまいさを許さず決断力を示しています。現在、新型コロナに感染しているトランプ大統領の想いを背負い、パワーとリーダーシップを感じさせたいのではないでしょうか。
 手を使った動きは少ない一方、話の内容は素晴らしいのに、ハリス氏の言葉を遮ったり、司会者からの質問をかわしたりする場面があり、少々気になりました。

民主党候補ハリス上院議員から読み取れること

 黒に近い濃紺のパンツスーツ(こちらもダークスーツ)にインナーも紺色。紺色は、権威や信頼感、説得力を表わす色です。テーラードのジャケットを着用し、インナーもシルクにするなど、ペンス氏の装いと互角の装いを意識されています。そして、パールのピアスとネックレスで、落ち着きと品の良さを演出しています。彼女の装いから、不退転の決意と国を背負う責任感が感じ取れます。
彼女は、手の動きが補助動作として多く見受けられ、躍動感ある話しぶりに活動的なイメージがプラスされていました。

余談になりますが、今回の司会者スーザン・ページ氏(USAトゥデイ紙のベテラン記者)の進行裁きが素晴らしく注目に値しました。時間通り、アジェンダ通りに進め、従わなければ相手を戒める場面も見受けられ、見ていて気持ちの良いものでした。

次回の第2回大統領候補討論会も関心高く拝見したいと思います。


エグゼクティブに向けたイメージコンサルティングオフィスBEST GRADE

  • 一覧へ戻る
ご予約・お問い合わせはお気軽に!Tel.03-6380-8684 E-mailでのお問い合わせ
企業・法人の担当者様へ

書籍のご紹介 女は服装が9割

イメージコンサルタントを目指す方へ 養成講座のご案内はこちら
国際イメージコンサルタント吉村ひかるのブランディングの知恵袋
New Moon Precious Banner
page top

成功するホームページ作成