誰もが陥る二者択一 | 国際イメージコンサルタント|経営者向け・世界TOP10%認定の株式会社BEST GRADE

column
イメージコンサルタントコラム

誰もが陥る二者択一

誰もが陥る二者択一

二者択一で迷わないで

経営者と企業のブランディングに印象管理の重要性を伝える国際イメージコンサルタント・リーダー服飾研究家の吉村ひかるです。

 

先日は2日間にわたり、大手飲料メーカー様のトップ営業パーソン向けの印象管理セミナーと個別コンサルティングでした。

理想のお客様をご自分の顧客にすべく切磋琢磨している姿は、こちらも大きなエネルギーをいただきました。

 

そんな中で、様々な質問を受けました。

日本人のサガなのでしょうか、二者択一で迷われている方が多い印象でした。

 

たとえば、「親しみやすさと凛とした強さと、どちらが自分は良いのでしょうか?」とか、

「ネクタイの結び方はコレとコレとどちらが良いでしょうか?」など。

 

当方としては、相手が受け取る印象が変わるだけで、間違いというものは一切なく、どちらもありですよ、とまずは返答しています。

その後、じっくりと状況をヒアリングすることになるのですが。

フレームに合わせた印象管理を

「フレーム理論」といって、相手や状況に合わせて、ご自身がコミュニケーションを取りやすい部分を見せていくというスタンスです。

当然、言葉や態度でコミュニケーションを表現しますが、装いでもしっかりと後押しして伝えていくのです。

むしろ、装いで伝われば、言葉や態度はそこまで必要なくなります。

 

同僚同士でしたら親しみやすさを前面に出すと良いでしょうし、

同業他社同士のコンペでしたら凛としたブロフェッショナルさを見せたほうが、望むコミュニケーションに向かうでしょう。

 

また、先ほどのご質問のネクタイも、ノットを小さめにタイドアップするとエレガントな印象を与えますし、

大きめにするとどっしりと権威的に見えやすくなります。

 

表現したい印象のキーワードに合わせて、都度、装いや振る舞いを変えていきます。

二者択一からオールラウンドの表現へ

人の印象はデフォルトの状態で決まりますが、デフォルトの一面だけでライフスタイルを送るのは大変にもったいない話です。

そのデフォルトの状態が上手くいくシーンもあれば、上手くいかないシーンも出てくるからです。

365日、様々なシチュエーションに合わせて装いや振る舞いを変えてみてください。

 

まさに印象管理です。

 

不安でしたら小さな変化から始めてみても。

自分と相手の変化を楽しめるようになったらしめたものですね!

二者択一からオールラウンドの表現へ。

  

                                                                                            

セミナー、講演のお問い合わせはこちらから:info@imageup.jp

エグゼクティブに向けたイメージコンサルティングオフィスBEST GRADEBEST GRADEはこちら

エグゼクティブに向けたイメージコンサルティングオフィスBEST GRADE

Written by 吉村ひかる

グローバルでトップ10%の国際イメージコンサルタントと認定される
イメージブランディングのプロフェッショナル

  • 株式会社BEST GRADE 代表取締役 リーダー服飾研究家
  • BEST GRADE アカデミー主宰
  • AICI国際イメージコンサルタント協会認定 国際イメージコンサルタントCertified Image Professional
  • 一般社団法人パフォーマンス教育協会公認 エグゼクティブ・パフォーマンス・インストラクター

おすすめ記事のご紹介

ブライダルマザー、格を合わせる?
2024.05.20

ブライダルマザー、格を合わせる?

黒いスーツで良いのでしょうか
2024.05.13

黒いスーツで良いのでしょうか

園遊会の装い
2024.05.06

園遊会の装い

コーポレート写真を侮るなかれ
2024.04.29

コーポレート写真を侮るなかれ

衣替えはブランディング
2024.04.15

衣替えはブランディング

Contactご予約&お問い合わせ

あなたも一流の国際コンサルティングを体感してみませんか?

電話でのご予約・お問い合わせ

TEL:045-342-5621

WEBでのご予約・お問い合わせ