コラム|ビジネスイメージアップセミナーは株式会社BEST GRADEへ!

コラム

アメリカ大統領選 勝利演説の印象管理

経営者の印象管理

2020.11.10

アメリカ大統領選 勝利演説の印象管理

バイデン前副大統領の勝利演説

経営者と企業のブランディングに印象管理の重要性を伝える国際イメージコンサルタントの吉村ひかるです。

11月7日(現地時間)に米大統領選で当選が確実となった民主党のジョー・バイデン前副大統領がデラウェア州ウィルミントンで勝利演説を行いました。
小走りにステージに駆け寄ってくる姿やエネルギー溢れる話し方、そして「分断ではなく融合」を熱く掲げる姿勢を拝見し、我々にこれからのアメリカを期待させるに十分なものでした。大切な場面でいつも着用する濃紺のスーツに淡い水色のネクタイ。民主党のブルーを意識していると思われます。

アメリカのブランドを着用

一方、バイデン氏の前に演説したのは有色人種の女性として初の副大統領になるカマラ・ハリス上院議員。明瞭な声で実にパワフルに演説し、圧倒的な存在感を不動なものにしたと感じました。
着用していたのは、白のパンツスーツ。米ブランド「キャロリーナヘレラ」と言われていま す。マニッシュすぎず、知的でほどよくエレガント。エグゼクティブ層の女性達が好むブランドのひとつです。なぜ白なのか。一説では、20世紀初頭の英人で婦人参政権運動を行った女性達「サフラジェット(Suffragette)」のシンボルカラー(白、紫、緑)のひとつだったからとも推測されています。ただ、白はスタートをイメージさせる色なので、そのような説を抜きにしても十分にこの場に相応しい装いです。

そして、ファーストレディーとなるジル・バイデン夫人も、米ブランド「オスカー・デ・ラ・レンタ」の花柄のワンピースを着用されていました。このブランドは、上層階の女性達から支持が厚く、華やかで品格ある服作りをしています。博士号を持ち教務を取っている彼女ではなく、ここはあくまで次期ファーストレディーの存在を明確にされていました。

配慮された演出

バイデン前副大統領もハリス上院議員も、演説以外は必ずマスクを着用するという徹底ぶり。ステージに上がった他の皆様も全員マスク着用でした。ハリス氏のご主人は、グレーのスーツを身に着け、今日は脇役であることをきちんと示されていました。
アメリカらしくショーアップされ、連続で打ち上げられる盛大な花火や盛り上がる音楽の演出に涙ぐむ支持者達の姿が印象的でした。
堂々とした演説に配慮を行き届かせながら、大いに盛り上げる演出。日本人の我々も、学ぶところが多々ある勝利演説でした。


エグゼクティブに向けたイメージコンサルティングオフィスBEST GRADE

  • 一覧へ戻る
ご予約・お問い合わせはお気軽に!Tel.03-6380-8684 E-mailでのお問い合わせ
企業・法人の担当者様へ

書籍のご紹介 女は服装が9割

イメージコンサルタントを目指す方へ 養成講座のご案内はこちら
国際イメージコンサルタント吉村ひかるのブランディングの知恵袋
New Moon Precious Banner
page top

成功するホームページ作成